有限会社 山謙 | ロゴ

YAMAKEN RECRUIT SITE

MEMBERS

先輩社員紹介

ENTRY

TECHNICAL JOB 技術職

1人で行える仕事だから、
黙々と作業に集中できる環境です。

山﨑 道広
小宮 健太

ハウスクリーニング職
2010年入社 / 2013年入社

イメージ画像

仕事の魅力

  • 1人で作業ができるため、黙々と作業に集中することができます。
  • 1日のスケジュールは自分で調整することが可能です。
  • 努力が直接評価に反映されます。

向いている人

  • 1人で作業をするのを好む人。
  • 細かい作業を好む人。
  • プライベートな時間を大切にする人。

仕事内容を教えてください。

毎日、様々な現場に移動し、新築住宅のハウスクリーニングを行っています。翌日の担当現場は前日の夕方に決まります。1日に1〜3件の現場を回るため、複数の現場を回る際は、どの現場から始めるかなどの計画を立てておきます。現場に到着したら、すぐに作業に取り掛かります。どの現場でもハウスクリーニングの工程は同じなので、所定の作業工程を丁寧に進め、住宅をきれいに清掃します。養生を剥がしたり、清掃用具を運んだりするため、一定の体力が必要な仕事ではあります。

イメージ画像

仕事の特徴ややりがいを教えてください。

ハウスクリーニングは新築工事の最後の工程に位置づけられているため、ほかの工事業者と一緒になることはほとんどありません。
現場で1人で黙々と作業に集中できるので、1人で仕事をするのが好きな人にはピッタリだと思います。
また、この仕事ではスピードと品質のバランスが重要で、単に時間をかければ良いというものではありません。お客様が満足する品質を見極め、丁寧かつ迅速に作業を行うことが求められます。目標時間内に清掃を完了し、きれいになった家を目の当たりにした時が、いちばん達成感を感じる瞬間ですね。

イメージ画像

職場の雰囲気を教えてください。

20代から30代の比較的同世代の職人が多いので、仲の良い職場です。
作業中は各自が別々の現場で作業しますが、1日の作業が終わると全員が会社に戻るため、その時に他の職人と世間話を楽しむことも多いです。職人たちは互いの個性やプライベートな時間を尊重し合っているので、適度な距離感で接しています。お酒を好む者は仕事後に飲みに行ったり、プライベートな時間を大切にしたい者は早めに帰宅したりするなど、自由な職場だと思います。

イメージ画像

SALES JOB 営業職

お客様と職人をつなぐ調整役。
成果が目に見えて分かるため、やりがいのある仕事です。

田中 秀樹

営業職
2008年入社

イメージ画像

仕事の魅力

  • 努力や成果が直ちに評価に反映されます。
  • 会社の強みが明確であるため、お客様への提案がしやすい仕事です。
  • 職人や社員の多くが温厚な性格であるため、人間関係での悩みは少ないです。

向いている人

  • 人と話すことが好きな人
  • 努力して成果を出すことを楽しめる人
  • プライベートな時間を大切にする人

仕事内容を教えてください。

営業職として、ハウスメーカー様や工務店様へ当社のハウスクリーニングサービスを提案するのが主な仕事です。
午前中は顧客からのメールやFAXでの発注に応じ、ハウスクリーニング部門と協力して職人のスケジュールを調整します。急な発注にも対応することがあります。午後は営業活動に専念します。外出時に新築物件を見つけたら、その工事を行っている会社をメモし、問い合わせてハウスクリーニングサービスを提案します。
また、ハウスクリーニング会社は現場監督によって決まることが多いので、既存の取引先でも別の現場監督を紹介してもらい、新たな取引の機会を探します。

イメージ画像

仕事の魅力を教えてください。

受注金額に応じてインセンティブが与えられるため、努力が直接評価に反映されるのが最大の魅力です。
入社当初は、1ヶ月間で30現場の受注を目標に営業活動を頑張りました。
それを達成すると、40現場、50現場と目標を引き上げて、受注獲得にチャレンジしています。多くの売り上げを上げていると思いますが、専務の売り上げにはまだ追いついていません(笑)。週休2日で、遅くまで残業することもありませんので、そこも魅力の一つだと思います。

イメージ画像

今後の目標を教えてください。

私は営業部門の責任者として、会社の屋台骨となるような顧客基盤の構築を今後も目指していきます。
大きな挑戦ですが、やりがいも感じています。同時に、新入社員の育成にも力をいれたいですね。私自身が経験したように、最初は受注に苦労することもあるでしょう。新入社員の皆さんが直面する不安や悩みを理解し、実践的なアドバイスをすることが私の役目だと思っています。彼らが少しずつ成功体験を積み重ねることで、営業チーム全体が強化され、結果的に会社全体の発展に貢献できると信じています。

イメージ画像